ホーム>健康コラム>くらしの健康 健康コラム>ノロウィルスに負けない!

12/27

ノロウィルスに負けない!

この季節、新聞やニュースで「ノロウィルス」という言葉を頻繁に聞きます。

ノロウィルスとは感染症の胃腸炎の一種のことで、例年11月頃から急激に増え始め、真冬から3月頃まで多く見られます。

赤ちゃんからお年寄りまで年齢を問わず感染し、その主な症状は、嘔吐、腹痛下痢などです。

発熱を伴うこともありますが、インフルエンザのように高熱になることもありません。

また、症状は長くは続かず、2~3日で収まる場合がほとんどです。

感染中は下痢などで脱水症状を起こしがちですから、水分をしっかり補給するようにしましょう。

最適なものは、薄めたスープ、お茶、スポーツドリンクなどです。

牛乳やジュースは胃に負担がかかるので、しばらく控えましょう。

ノロウィルスの感染経路は、主に2つあります。1つは食べ物から感染する食中毒です。

「生ガキを食べたらあたった」という話を聞きますが、これはノロウィルスが原因である場合が多いようです。

そしてもう1つは、人から人への感染ルートです。

ノロは非常に感染力が強いウィルスのため、大規模な集団感染に繋がることも少なくありません。

感染は主に、ウィルスに触れた人の手を介して拡大します。

感染を防ぐには、流水と石鹸による手洗いの習慣をつけることが大切です。