ホーム>健康コラム>健康コラム 食のチカラ>夏の日焼けは食べてケア!

09/15

夏の日焼けは食べてケア!

紫外線は、シミ・シワなど肌の老化を引き起こす最大原因。
夏の間浴びてしまった紫外線は、肌に「一重項酸素」と呼ばれる活性酸素を作り出します。
この活性酸素が肌細胞にダメージを与え、シミやシワの原因に。
日焼け止めを塗る事も大切ですが、できてしまった活性酸素を取り除くには、
カルテノイドが効果的です。

カルテノイドとは、野菜や魚介類などに含まれる天然の赤い色素成分。
「抗酸化成分」とも言われ、食べる事で肌のアンチエイジングに効果を発揮します。

カルテノイドは種類も様々で、
トマトに含まれている「リコピン」、
ブルーベリーなどに含まれる「アントシアニン」、
サケ・イクラ・エビなどに含まれる「アスタキサンチン」などがあります。

夏の日焼けをなかった事にしたいのなら、
これらの食品を意識的に摂るよう心がけましょう。

食事で摂りにくい場合は、カルテノイドを含む健康食品もおススメです。

生源Ai(アイ)
ブルーベリーやカシスなどから抽出した19種類のアントシアニンなどの
天然由来成分をふんだんに配合!