ホーム>健康コラム>健康コラム 美容と腸>大豆イソフラボンとは?

07/27

大豆イソフラボンとは?

大豆イソフラボンは、元々、大豆の胚軸(生長すると芽になるところ)

部分に多く含まれる抗酸化物質の一種です。

細胞にダメージを与える「活性酸素」の働きを抑えてくれる優れもの。

女性ホルモン「エストロゲン」に似た化学構造と働きをし、

女性の美しさや若々しさを手助けしてくれると注目されています。

女性は、加齢とともにエストロゲンの分泌量が減少すると

やがて更年期、閉経を迎えるに伴い、「更年期障害」と呼ばれる

体と心のトラブルが見られることがあります。

そこで大豆イソフラボンは、エストロゲンの不足を補い、

体と心のトラブルを予防してくれるのです。

いくつになっても女性らしく…

 

乳酸菌生産物質は大豆を絞った豆乳の中で

12種類の乳酸菌と4種類の酵母を 共棲培養させてできたものなので

天然由来の大豆イソフランが含まれています。

含まれている成分を詳しく知りたい方は下記をチェック♪

http://www.seigen.jp/biofermentics.html