ホーム>健康コラム>健康コラム 腸の健康>悪玉菌はなぜ増える?

06/20

悪玉菌はなぜ増える?

悪玉菌はその名のとおり、身体に悪さをする腸内細菌です。

アンモニアや揮発性アミン、スカトールなど有毒ガスや

ニトロソアミンなどの発がん性物質、細菌毒素もつくります。

その結果、どうなるかと言うと、体が不調になり、

病気への引き金となったり、病気を促進させてしまいます。

 

肉類の多い食事や、食物繊維の不足、暴飲暴食、

運動不足などの不規則な生活、ストレスなどは

悪玉菌の好物であり、腸内を悪玉菌優勢にする原因です。

肉類の多い食事は腸内を悪玉菌優勢に

 

乳酸菌生産物質に含まれる成分を知りたい方は下記をチェック♪

http://www.seigen.jp/biofermentics.html