10/28

腸は免疫力の固まり

私たちがごはんを食べると、胃腸に大量のウィルスや病原菌が入ってきます。
その際、不規則で偏った食生活をしていると悪玉菌が優勢になり、
有害物質が増えて活性酸素を撒き散らすようになります。

有害物質や活性酸素は血液を通して体中に運ばれて細胞の新陳代謝を妨害し、
細胞を傷つけてガンやアレルギーなど、さまざまな病気を生む原因になる場合も。

こうした外敵に対抗するのが、乳酸菌生産物質やビフィズス菌といった善玉菌。
病気に負けない免疫力の強い身体を作るには、
乳酸菌生産物質などの乳酸菌系食品を摂取することで善玉菌を増やし、
免疫のバランスを整えることが大切なのです。