ホーム>健康コラム>健康コラム 腸の健康>腸内のお花畑を大切に

08/26

腸内のお花畑を大切に

私たちの腸内には、100兆個(重さ約1kg)の細菌が生息しています。
細菌は善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3つに分けられます。
それを顕微鏡で見るとお花畑のように見えることから、
腸内フローラ(お花畑)と名付けられています。

腸内フローラは、環境や年齢によってもその風景が大きく異なります。
母体にいる間は無菌状態ですが、生まれたあとは環境によってどんどん変容し、
性格や顔がヒトそれぞれであるように、その人だけの腸内フローラが出来あがっていくのです。

ヒトは腸内フローラの状態で健康や精神が大きく影響を受けており、年齢と共にそのバランスが崩れやすくなります。
大切なのは有益な働きをしてくれる善玉菌を優勢にすることです。
健康的な食習慣を心がけて乳酸菌生産物質などの乳酸菌製品を摂取することは、
言わばお花畑への水やりやお手入れと同じ。
それによって善玉菌は活発になり、腸内バランスは均衡に保たれると言われています。